富士山の頂上
There is a symbol in Japan and Mt. Fuji is the heart of the Japanese.
As for anyone, once, the mountain to think that wants to attempt to climb is Mt. Fuji.
自動再生
富士山に行こうへ

It introduces the happening which occurs with the personal appearance of us such as the delightful topic which occurs in the one of the life in every day, the mysterious talking.Don't you, too, have such a small case
富士山は日本の象徴あり日本人の心です。誰もが一度は登ってみたいと思う山が富士山です。
五合目の登山口からひたすら歩いて6時間、息はぜいぜい、汗びっしょりになりパンツまでぐっしょりです。
はっきり行って頂上には直径500mの大きな火口があるだけで珍しいものは何もありません。
下界の景色も5合目よりは若干視野が広がっただけで大きな変化はありません。
でも、気圧が低いために半分酸欠になり、息をきらし、ガクガクする足にむち打ちながら登った6時間。
そんな苦しさを乗り越えて頂上立ったたときの達成感は実際に体験した人しかわからない感動があります。
富士山は登らざるバカ、登るバカ、そして二度登るバカとよく言われますが、年間30回も富士山にくる私はもう一生治らない病なのかも知れません(不治の病=富士の病)
あなたも一度富士山に登ってみませんか。きっとあなたも病に取り付かれます。
There is a symbol in Japan and Mt. Fuji is the heart of the Japanese.
As for anyone, once, the mountain to think that wants to attempt to climb is Mt. Fuji.