街で拾った話
(食べられるシャボン玉)
テレビで『食べられるシャボン玉』が最近若者の間で流行してると放送していた。
太陽にあたり七色に光りながら舞うシャボン玉は誰でも一度は『食べられたら』と思うものです。
材料はシロップでつくるのだそうだが、そこで疑問。
シャボン玉が洋服についたとき、石鹸水で作ったシャボン玉なら洗うと落ちるけど、シロップではべとべとして取れなくなるのでは・・・
しかし、誰がこんなくだらないもの考えるんだろうねー。


(ファー)
皆さんはファーって知ってますか?
今若者の間で大流行のファッションです。
洋服からネックレス、イヤリングまで身につけるものを毛皮で飾るのだそうです。
中には懐中電灯まで毛皮で飾ったものまで売られている。
もともとは歌手の浜崎あゆみがきたところから始まったようですが、今では全国の若者に広まったようだ。
しかし、こんなことで悩むようでは日本はやっぱり平和だね。


 (変な言葉つかい)
最近ファミリーレストランに行くと不思議な言葉が気にかかる。
これはファミリーレストラン特有の言葉なのか、それとも若者特有の言葉なのか、盛んに○○のほうという言葉を使う。
・禁煙席のほうでよろしいですか。
・ご注文のほうよろしいですか。
・お待たせしました。ご注文〇〇のほうです。
耳をそばだてると〇〇のほう、〇〇のほうの連発です。
もともと〇〇のほうは何かに対して反対のものを示すのに使われた言葉だが、最近はどうも違うらしい。


(私のパソコン)
新しいパソコンを買った。
メールで『私のおパソコンは電源を入れて20秒で立ち上がるよ』と自慢したら『私のパソコンは立ち上がるまで2分かかるけど、私の○○○はいつでもすぐ立ち上がります』だって・・・


(二国と二国)
日本語は難しい。
同じ発音でも意味が違うもの、違う発音でも意味が意味が同じものが多くある。
私の家の近くを走る第一国道は通称第二京浜国道といい、地元では『二国』と呼ばれている。
大田区の40歳以上の人に二国への道を聞くと、100%この第二京浜国道のことを教えてくれる
しかし、20代、30代の若い世代に同じことを聞くと必ず第一京浜国道の第二国道を教えてくれる。同じ質問なのに年代により解釈が全く違うのである。
大田区で道を聞くときには気をつけよう。


(お年寄りを大切に)
会社からバスで我が家に帰る途中、二人のお年よりが乗ってきた。
かなりお疲れのようで足もおぼつかない。
善良な私は早速その老人に席を譲ったが、しばらくすると二人のご老人の会話が聞こえてきた。
『今日のゲートボールはきつかったわね。朝9時から3時までぶっ続けだもの・・・』
それを聞いてがっくりした。
そりゃあそうだ・・・それだけ動けば若い人でもばてるよ。
席を譲ったけど俺だって会社で疲れてるんだよー。


(お年寄りを大切に)
会社からのバスで我が家に帰る途中、お年寄りが乗ってきたので席を譲った。
ところがそのお年よりは次のバス停で降りてしまった。(次のバス停までわずか100m)
馬鹿やろう!!
年食ってても少しは歩けよな???


(ただいま道路工事中)
道路工事中でガードマンが車を誘導している光景はどこでも見られるが、ちょっとした事件に出くわした。
家の近くで道路工事のため約100mが片側通行になっていた。
そこにいたガードマン何を勘違いしたのか両方から車を入れてしまったので大変である。
真ん中あたりで相互の車がお見合いで、車は身動きできなくなってしまった。
あわてたガードマン前の車に頭ぺこぺこ・・・
その間に車は次から次へと入ってくる。とうとう30分の大パニック。
バカやろうそういうときには車がはいらないようにするんだよー。


(おせっかい)
自分の事はなんにもできないのに、他人のこととなると黙って見てられない人がよくいますよね。
別に悪げがあるわけではないが他の人の行動が気になり、ついつい口が出てしまうのだ。
私もその一人で、他の人がやってることがどうも黙ってみてられないのです。
会社の女の子でもうすぐ赤ちゃんが生まれる女の子がいる。彼女を行動をみてるともう黙ってられない。
「体冷やすなよ」「転ぶなよ」「おいしいものいっぱい食べろよ」「・・・・」と彼女のやることなすことが危なっかしくてついつい口を出してしまう。
彼女から見ると「そんなわかりきったことをくどくど・・・と」うっとうしいだろうと自分でもわかってる。全く迷惑な話だが、生まれ持った性格でどうすることもできない。
わかってはいるけどやめられないのがこのお節介である。
「バカやろう人のやることにいちいち口を出すんじゃねーよ。」
「はい、すみません・・・・」


(パスポート)
パスポート更新のため有楽町の交通会館に行ってきた。
受付を終え、しばらく待ってると名前を呼ばれたので窓口にいった。
パスポートの簡単な確認の後、受付嬢が奇妙なことをいった。
『性別はパスポートの中に男性の場合はMで記されております。ご確認ください。』という。
思わず股間に手をやって確認し、『間違いないです』といってしまった。
「ばかやろう!!人前で恥ずかしいことさせるなよ!!」(勘違いしてるのは俺・・・?)
(最近は見かけだけでは男か女かわからない人が多いんだって・・・だからパスポートの中味は本人しかわからないところがあるんだって・・・・)


(もう待てない・・・・)
電車に乗ろうと駅のホームで並んで待っていた。
やがて電車が到着し、ドアーが開くと乗客がつぎつきと降り出した。
後10人くらい降りる人がいたろうか、そのとき私の後ろに並んでたおばちゃんが私に「早く乗りなさいよ」という。
「皆降りるまで待ってるんです。・・・・」
「いいのよ・・・・一人くらい通れるんだから・・・・全くドンくさいんだから・・・」
さらにそのおばちゃん「すみません乗ります、通してください」と降りる人を押しのけて乗り込んでしまった。
ばかやろう!!俺もそのずうずうしさが欲しいよ・・・・。


(方向音痴)
会社の友達が新居を構えたのでお祝いかたがた偵察に行ってきた。
初めての土地なので地図を片手に行ったが、新興住宅のため同じような道路と家が立ち並び、とうとう道に迷ってしまった。
たまたま犬の散歩をしてたおばちゃんに聞いたところ、『方向は全く反対だ』と言う。教えられたとおり引き返したが初めての土地に益々わからなくなった。
仕方なく携帯で連絡し迎えにきてもらったが、友達の家はさっきおばちゃんに道を聞いた場所からわずか10mはなれたところだった。

バカやろう!!
あんまり無責任に道教えるんじゃあねーよ。


(たまちゃん)
ミルクフォードサウンドからクルーズで湾内を一周した。
しばらく船が走ると対岸でアザラシが岩の上で日向ぼっこをしているのを発見。私が『あ!!ニュージランドにたまちゃんがいる』というとまわりにた日本の観光客が『本当だ、たまちゃんだ・・・』そのうち大声で『たまちゃーん!!、たまちゃーん!!』とみんなで叫ぶ。

バカやろう!!
いくらなんでもたまちゃんがニュージランドにいるはずがないだろ。


(たまちゃん)
OKショップでアザラシのぬいぐるみを売っていた。
『あ、たまちゃんだ!!』というとそばにいた女性の店員さんが『これはオークちゃんというんですよ』教えてくれた。東京にもアザラシが出現してたまちゃんと呼ばれてると教えたらメチャクチャびっくりしていた。話がはずみ閉店まで話してた。

バカやろう!!
おかけでおみやげ買い損ねたじゃあないか!!


(置き引き注意)
空港で添乗員さんから置き引きには注意してください。大切なものは必ず身の付けておいてくださいと説明があった。
それを聞いてたおばちゃん『そんなドジな人いないわよねー・・・・』
添乗員さんの説明が終わって移動した後にかばんがひとつ残ってた。名札を見るとさっき『そんなドジな人いないわよ・・・・』といったおばちゃんの荷物である。

ばかやろう!!
一分前に聞いたばかりだろ、何を聞いてたんだ。まったく・・・・・。


(おばちゃん)
トイレからでてきたおばちゃんよほど急いでいたのか、下着がいっぱい見えている。
まわりの人が教えてやるとそのおばちゃん何を考えたのか家の影に行ってゴソゴソ・・・・・・ズボンを下ろした。
そこに家の人が出てきてメチャクチャ怒ってる。どうもここで小便してるのと勘違いしてるらしい。しまいにはシーシーと大声で払っている。
おばちゃんいわく『何さ!!いくら何でもこんなところで小便なんかしないわよ・・・・』

バカやろう!!
トイレからでたばかりなんだから、家のかげではなくてトイレでちゃんと直せよな・・・全く日本人の恥だよ。


(歯医者さん)
歯石を取りに歯医者さんに行ってきた。
歯を削るときのあのキーンという音とガリガリやられると、それだけで気持ちが悪くなってくる。
『痛かったら言ってくださいと』いうので、『痛い』といった。
『もうすぐ終わるので我慢してくださいね』といわれた。さらに『痛い!!』というと『痛いですよね我慢しましょね』といわれまったく相手にしてもらえない。
馬鹿やろう!!『痛かったら言ってくださいと』いって期待させるんじゃねーよ。


(歯医者さん)
歯石を取ってもらったが、かなり重症だったらしく血がいっぱい出てた。
『明日またきてください。』
『今晩腫れるかもしれないので化膿止めと痛み止めの薬を1週間分出しておきます』といって薬の伝票をくれた。
あとで気がついたけど明日また来るのに、なぜ薬は1週間分なの?
馬鹿ろう!!人の弱みに付け込んで多く薬を出したんじゃあないの?今から返品は駄目かな????


(歯医者さん)
私の通ってる歯医者さんは40歳くらいの女の先生と40歳くらいの女性の技工士さんそれに30歳くらいの看護婦さんの三人でやっている。
先生はちょっと背が小さいので治療のとき時々背伸びして私の口の中を覗き込む。
手もたれに手をおいてると必ず先生のおっぱいが私の手にギュウーっと押さえつけられるのである。
なんだかとっても儲かったような気持ちになるのは俺だけだろうか?


(人間ドック)
先日人間ドックの検査で引っかかった。
糖分の取りすぎなので糖分は少し控えるよういわれた。
いつ頃まで控えたらいいかと聞いたら先生いわく『とうぶん』だそうだ。
ちゃんちゃん!!


(変な会話)
普段何気なく使ってる会話の中にも意味不明な会話がある。
会社の同僚『調子はどう?』『まあまあだね。』『それはよかった・・・』こんな意味不明の言葉って使ってませんか?
その他に
『奥さんどこまで』『ちょっとそこまで』『あらそう・・気をつけて』なんてのもよく聞くよね。


(人間ドック)

この前人間ドックに行ってきた。
検査の結果、健康そのものでどこも悪いところはないそうだ。
いまどきこんな健康な人は珍しいそうだ。
でも最近めちゃくちゃ疲れやすいし、どこか悪いみたいだといったら、
今の季節誰でもそうなんですよと全く相手にしてくれなかった。
全く頭にくるよな。
本人が体調悪いと言ってるのだからもっとしんみになってほしいよな


 
 (カールルイスもびっくり)
日本人はせっかちだと外からきた人は言うらしい。
私鉄からJRへまたJRから私鉄へ連絡の駅では、みんな走って乗り換えの電車まで行き乗っています。
中にはカールルイスも真っ青というくらい猛スピードで走っている人もいるんですよ。
朝の通勤時間帯はJRなら5分間隔、私鉄なら3分間隔で運行されているのに・・・・。
『ゆっくり行こうよ。そんなに急いでどこ行くの』言いたくなる。


(ただいま冬眠中)
電車に乗るとすぐ眠りだす人がいる。
座席に座ってる7割は眠っている。
電車通勤は疲れることはわかるが、でも何も電車に乗るとすぐ眠ることはない。
人によっては始発から終着までぐっすりの人もいて、時々駅員さんに起こされてる光景を目にする。
私も寝てみたいと真似をして目を瞑ってみたが、朝起きてから3時間くらいではもどうしても眠れない。
いつでもすぐ眠れる人は実にうらやましい。
 

(電車の中は会社?)
先ほど電車の中で眠ってる人が7割だと言ったが、残りの人は何してる?
1割りの人が本や新聞を読んでいる。1割の人が携帯をしてる。残り1割の人は何もしないでボーっとしている。
携帯をしているほとんどの人はメールやゲームをしているが、中には仕事の指示をしている人もいる。
何も朝早くから携帯で仕事の話など聞きたくない。
となりでそんな仕事の話を聞くと、せっかくさわやかな朝なのに疲れがどっと出てくる。
絶対に許すな電車の中での仕事の電話。
 

【やっと仕事が終わった】
やっと仕事が終わっての電車の中は9割が何もしていない。
ほとんどの人はボーっとして何か焦点の定まらないうつろな目をしている。
通勤と仕事でエネルギーを使い果たし、すっかり疲れきってしまっているのです。
エネルギーをすっかり使い果たし自宅に帰るだけのしか残っていないのだろう。
そんなことだから日本の低成長はいつまでも続くんだよ。
それに奥さんから『今夜もだめなの・・・』と追求されるんじゃ。
サラリーマンよ!!。
日本経済のためにも、家庭円満のためにも今こそ元気になろう(上も下も・・・)


 (ミニスカートは恥かしい)
若い女の子ははつらつしてなかなかいいものです。
あの元気さは見てるだけで若さのエネルギーが伝わって私まで元気になってくる。
でも最近の女の子の超ミニには困った。
通勤電車で私の前の座席に座った女の子、おしゃべりに夢中である。
ふとその女の子たちに目を向けると、スカートが短くてパンツまで丸見えなのである。
こんなとき男は全くだらしないものである。
ジーッとみると変態だと思われるし、プライドもあり中々見るだけの勇気はない。
恥ずかしくもあり嬉しい電車通勤である。
 

(信号待ち)
会社から帰る途中の交差点で横断歩道をわたろうと信号が青に変わるのを待っていたんじゃ。
信号が青くなったのでわたりだすと、後ろにいた5歳くらいの男の子が大声で叫んだ。
『あのおじさんちゃんと見て手を上げなきゃいけないんだよね。』一緒のお母さんは何も言わずににこにこしてなんいも言わなかったけど、わたしははめちゃ恥ずかしかった。
小さな子供に大きなことをおそわったよ。
反省・・・・・。


(虚弱体質)
土曜日に河口湖を歩いて1周してきた。
ゆっくり歩いたこともあって6時間もかかってしまった。
おかげで腰は痛くなるし、足はガクガク・・・
やっぱり俺は虚弱体質なのかも知れない。
そういえば最近めちゃ疲れやすいもの・・・・。
でも温泉に入って宝刀を食べてきた。


(おばあちゃんの勘違い)
最近は若者の流行もだんだん派手になり中々ついていけない人もいるかもしれない。
ズボンに穴が開いてたり、つぎを当てたりのジーンズ姿やおへそ丸出しで街をあっるくのがかっこいいらしい。
あるお孫さんそんな最新の流行姿でおばあちゃんのおうちに遊びに行ったところがおばあちゃんはとっても悲しそうな顔をしたという。
そして○○ちゃんのうちも中々大変なんだね。これでズボンを買いなさいと一万円くれたそうだ。
そのお孫さん訳がわからなかったけど、まあいいかと一万円もらってきたそうだ。
ちゃんちゃん・・・・!


(可愛い女の子)
会社が終わり帰宅のために電車に乗った。。
電車のボックスシートに座ってたら30歳くらいの若い女の子が隣の席に乗ってきた。
女の子はよほど疲れてたのかすぐに眠りだした。
しばらくすると私に寄りかかってきた。
最初のうちは気がつきごめなさいといってたがそのうち深い眠りに入り、ずっしりと重さをかんじる。
スースーと寝息が聞こえちょっと恥ずかしいけど中々いいものである。
疲れてるのだろうと起こさなかったらとうとう終点まで眠ってた。
起こしてやったらさかんに恐縮しながら去っていった。
馬鹿やろう!!何で終着なんだよ〜。


(可愛い女の子)
会社の帰り電車の乗り換えのため改札を出たとたんに私の手をギューっと握られたんじゃ。
見たら若い24,5の若い女の子なんじゃ。
その女の子もすぐ気がついてごめんなさい、ごめんなさいと盛んに恐縮してた。
すぐ後ろで彼しだと思うけど『お前なにやってるんだ』と大声で笑ってた。
彼氏の手と間違ったのだけど感覚がちがったのですぐ気がついたのだろうね。
わずか10秒の出来事だけど、とっても楽しかったよ。
盛んにあやまりながら今度は仲良く二人で手をつないで雑踏に消えて行ったよ。
ちょっとうらやましかった・・・・



(レジの前で)
スーパーのレジに並んでたんだ。
前にいたおばちゃん代金の支払いのとき財布から1円、5円、10円の小銭をいっぱい出して数えながら渡してるけどめちゃ遅いんだ。
最後に1円足りなくてまた最初から数えてるんだ。
まったくイライラしたよ
 

(バスに乗って)
今日バスに乗った。20分も待ってやっと来た。
ところが前のおばちゃんバスに乗ってから財布がないと言い出し、かばんの中を探し出した。
2、3分探したが結局見つからなかったんだ。
その間バスは止まったまま
お金は後日払うと言うことでバス動き出したが、お金がないとお使いができないと気がついたおばちゃん。
今度はおろしておろしてと騒ぎ出した。
まったくイライラするよ





It introduces the happening which occurs with the personal appearance of us such as the delightful topic which occurs in the one of the life in every day, the mysterious talking.Don't you, too, have such a small case