富士山が危ない(写真)
日本一の山とも言われ、日本人の心としての富士山は今大きな岐路に立たされています。
産業廃棄物が廃棄され、不要に成った家電製品や自動車の部品、工事の廃材などが破棄され、富士山はその姿を変えようとしています。
8月2日御殿場登山口から新五合目までの3kmを歩いて富士山の実態を調査してきました。。
折りしも8月3日は富士山駅伝の日でもあり、登山道は地域のボランテイアの人、市の職員、自衛隊の方によりきれいに清掃されゴミ一つ落ちて降りません。これが富士山の本当の景色なのです。
でも、登山道から30m離れた林の中には産業廃棄物や登山者が捨てたゴミでいっぱいです。
富士山を世界遺産にしようという運動も最近よく聞かれます。
大変すばらしいことだと思います、でも今求めれられてることは富士山の実態を知らない人の頭の中だけの空論だけではなく、富士山の実情を知ることです。
富士山の写真集目次
私は以前から次のことを訴えています。
1.国土保安条例
日本にあるいっさいの公有地、国有林は自然保護や人名尊重以外の目的で伐採、間伐、工事、建築、破棄などの施行を制限する。
これはあくまでも自然の摂理を尊重したいものです。
これに反したものはいかなる者、団体(国家も含む)であっても15年くらいの禁固刑(殺人罪と同様)
 
2.教育の徹底
日本は四季折々の変化のある美しい国です。
資源もない日本には、この美しさは私たちの唯一世界に誇れる大きな財産です。
この財産を守るための徹底した教育です。
といってもいまさら大人たちに言っても期待できません。
小さい子どものうちから、日本は何を守るべきか徹底して教えることが必要なのではないでしょうか?
この美しくて大好きな日本を守るのは軍隊でも警察官でもまして法律でもありません。
私たちの心がこれからの日本をもっと素敵な日本にするのだと思います。
ゴミ写真集へ
It introduces the happening which occurs with the personal appearance of us such as the delightful topic which occurs in the one of the life in every day, the mysterious talking.Don't you, too, have such a small case